2017年07月20日

聴かずに死ねるか(95)Rose - Sombre con

 Rose( ローズ)はフランス・ニース生まれ(1978年)のシンガーソングライター。もちろん本名ではなく、Janis Joplin(ジャニス・ジョプリン)の生涯を描いたアメリカ映画『The Rose』(1979年)に登場するヒロイン「Rose」から拝借。ホントはKeren Meloul(ケレン・メロウル)という。

 アルバム『Rose』(2006年)でレコードデビューしたのだが、まったくの無名だったにもかかわらず、またたく間にフランスのアルバムチャートに登場。最終的には5位まで上りつめたというからすごい。

 そのアルバムに収められているのが『Sombre con』。日本語にすると「陰鬱な詐欺」(Google翻訳)、「闇の野郎」(Baidu翻訳)となるから驚いてしまうが、要するに「このバカ!」ということ。若い世代は『pauvre con!(くそったれ)』のほうが身近らしいけど。

 軽やかなメロディーに鼻濁音たっぷりのフランス語が心地よく、何度聴いても気分はよろし。「このバカ!」なんだけどね。もちろん、作詞作曲はKeren Meloul(Rose)。

 ライヴではアコギをかき鳴らしながら歌うので、フレンチポップらしさがなくなってしまうが、それでもイイ感じ。できれば、流れるようなストリングスをバックに歌ってほしいけど。

▲Rose『Sombre con』。タイトルが「このバカ!」だから歌詞が気になるが、Google翻訳では「あなたの物理的として恩知らず あなたは彼の腕の中で育ちました ダニのように彼女をフィード♪」となるから笑ってしまう。

▲Nogent-le-Rotrou(ノジャン=ル=ロトルー)でのライヴ。同じ『Sombre con』とは思えないが、彼女にとってはこちらが本来なのだろう。2014年3月14日収録。

▲映画『The Rose』(1979年)の予告編。ヒロインRose(Janis Joplin)を演じたのはBette Midler(ベッド・ミドラー)。彼女が歌った主題歌『The Rose』はヒットした。


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴かずに死ねるか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180403726

この記事へのトラックバック