2017年04月08日

聴かずに死ねるか(93)Chicha Libre - Gnossienne No.1

 Chicha(チーチャ/チチャ)は、60〜70年代に中南米ペルーで流行った音楽。トウモロコシを発酵させて造る安酒と同じ名前なのは、おもに出稼ぎ労働者に好まれたからなのだろう。

 チープなエレキ・ギターの響きに加え、これまたおどろおどろしいオルガンの音色・・・隣接するコロンビアのクンビアというリズムの影響を受けているらしいが、当時、日本で流行ったGSとは大違い。そこはかとなく郷愁をそそるサウンドは、一度聴いたら耳から離れない。

 そんなサウンドに魅せられたのがブルックリンの6人組Chicha Libre(チチャ・リブレ)。その名の通り、Chichaを前面に押し出したグループだ。

 面白いのは、当時の曲を再現するのかと思ったら、Vivaldi(ビバルディ)やRavel(ラベル)など、格式ばった古典などを料理してしまうところ。中でもErik Satie(エリック・サティ)のピアノ曲『Gnossiennes No.1(グノシェンヌ1番)』は、ただでさえ神秘的な響きが特徴なのに、見事にChichaに変身しているからアッパレ。

『Gnossiennes No.1』はSatieが24歳のときの作品。1番から3番の3曲は『3 Gnossiennes(3つのグノシエンヌ)』として有名なのだが、拍子記号も小節線も書かれておらず、要するに「お気の召すまま、気の向くまま、自由にやってんか」という挑発的な曲。見上げた根性を持った若造だったのである。


▲Chicha Libre『Gnossienne No.1』。なんだか怪しげなサウンドだが、親しみがわく。デビューアルバム『Sonido Amazonico』(2008年)に収録。

▲Pascal Roge(パスカル・ロジェ) 『Gnossienne No.1』。優雅で優しい演奏が魅力。アルバム『SATIE 3 Gymnopédies and Other Piano Works』(1984年)に収録。

▲メキシコの5人組Tocamundos(トカムンドス)『Gnossienne No.1』。ジプシースタイルなのだが、サルサやタンゴなど、ラテンアメリカのリズムも混じり合っている不思議なサウンド。

▲北野武映画『その男、凶暴につき』(1989年)のテーマ曲としてアレンジされた『Gnossienne No.1』。Satieの曲は映画に使われることが多い。

▲フランスのアコーディオン奏者Richard Galliano(リシャール・ガリアーノ)の『Gnossienne No.1』。トランペットのPaolo Fresu(パオロ・フレス)との絡みが秀逸。アルバム『MARE NOSTRUM II』(2015年)に収録。

▲トルコのTheremin(テルミン)奏者Cihan Gulbudakの『Gnossienne No.1』。Cihanはイスタンブールに住む1985年生まれの32歳。違和感なし。


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴かずに死ねるか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179360851

この記事へのトラックバック