2017年03月30日

聴かずに死ねるか(92)李博士 – Pon Chak

 チープなキーボードから繰り出される2拍子のサウンドに乗り、数多くの歌をつないでいくのがポンチャック。韓国大衆歌謡のスタイルの1つだ。その第一人者が1954年生まれの李博士(イ・パクサ)。

 80年代に誕生したポンチャックだが、日本で注目されたきっかけは金鳥「コックローチS」のテレビコマーシャル(1995年)に李が登場してからのこと。ハイテンションぶりに誰もが驚いたが、ちょっとの間、ブームとなった。

 Wikipediaによると、李は「韓国の観光会社が運営する観光バス」に乗車し、マイク片手に20年にわたり「ポンチャック歌手として」歌いまくっていたらしい。レパートリーはなんと「5万曲」。ときには「揺れる車内で7時間」も歌い続けていたこともあったという。

 なんだか五月蠅そうな感じもするが、歌が始まったとたん、韓国の中高年はノリノリ。中には踊り出す人もいるから、韓国人の感性にドンピシャなんだろうね。

 あらためて聴き直してみると、日本の中高年でもココロがウキウキしてくるから、驚くべきチープサンドなのだ。K-POPより、よっぽどいい。

▲李博士のポンチャック「金鳥コックローチS」のテレビコマーシャル(1995年)。『江原道アリラン』の替え歌である。

▲李博士が歌うテレビコマーシャルの元歌『江原道アリラン』。チープな雰囲気が漂うものの、スピードに乗ったメリハリの効いた2拍子がココロを打つ。「テクノ・トロット」とも呼ばれているらしい。

▲これぞポンチャック。李博士『ヤングマン』に始まり、『踊るポンポコリン』『あたしなんで抱きしめたいんだろう?』と続き、締めは『木綿のハンカチーフ』。

▲韓国の女性5人組アイドルグループCrayon Pop(クレヨン・ポップ)が歌う『Uh-ee(オイ)』(2014年)。歌詞中、「ピカッ」という言葉があるという理由でKBS(韓国放送公社)から放送不適合判定を受けた。日本語の「ピカピカ」が由来だかららしい。ポンチャックなんだからケンチャナヨ・・・とはいかなかった。

▲ポンチャック女性歌手、金惠連(キム・ヘヨン)『独島はわが領土』。島根県隠岐郡隠岐の島町「竹島」を歌ったものだ。この曲、韓国では幼稚園児でも歌えるらしい。アルバム『アッサ超特急2』(1994年)に収録。

▲カナダ在住のチョン・エリが歌う『あんまりです』。場末感たっぷりの演奏はイ・ミョンガプ(g)、チョン・ハナ(key)、クォン・スングン(d)。気になるドラムは60年代の韓国GSで活躍した大御所。1990年、カナダのトロントで収録されたもの。ボツになったらしいけど。


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴かずに死ねるか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179267195

この記事へのトラックバック