2017年03月08日

聴かずに死ねるか(87)Trevor Exter - And I Love Her

 ウッドベースのようにチェロをつま弾き、さらに歌まで歌ってしまうのがニューヨーク生まれのTrevor Exter(トレバー・エクスター)。アンプにつながれたチェロは見事なベースサウンドだし、歌も渋いったらありゃしない。

 中でも秀逸なのは、華麗なチェロのピッチカートで始まる『And I Love Her』。ご存知、『A Hard Day's Night(ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!)』(1964年)に収録されたThe Beatles(ビートルズ)の曲だ。

 バラード風のゆったりした曲調は、派手さはないが情感たっぷり。しかも原曲では、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)のベースギターしかアンプを通していないので、はんなりとした雰囲気が特徴。

 Trevorのチェロと歌は、はんなりはしていないものの、どことなく孤高というか憂愁というか、独特の雰囲気を醸し出していて、聴いていて心地よい。

▲Trevor Exter『And I Love Her』。チェロに魅せられたTrevor少年は、やがてブラジルに渡り、多くの若手音楽家と交流を深めた。ニューヨーク「Rockwood Music Hall Stage 2」(2013年)での映像。

▲The Beatles『And I Love Her』。映画『A Hard Day's Night』(1964年)でのシーン。さすが本家本元の演奏。


▲Harry Connick Jr.(ハリー・コニック・ジュニア)とCarla Bruni(カーラ・ブルーニ) 『And I Love Her』。Harryはニューオリンズ出身の歌手、ピアニスト、俳優。Carlaは元フランス大統領サルジコ夫人。アルバム『Your Songs』(2009年)に収録。

▲Freddie McKay(フレディ・マッケイ)『And I Love Her』。レゲエの時代を築いたジャマイカ出身の歌手。アルバム『Fire Is Burning』(1976年)に収録。

▲Mary Roos(メアリー・ルース)『Für Uns Beide (And I Love Her)』。ドイツのポップ歌手。もちろん歌はドイツ語。なんだか力が入る。アルバム『Stern Musik』(1970年)に収録。

▲Renée Claude(ルネ・クロード)『Et Te Voilà (And I Love Him)』。カナダのケベック州生まれ。だからフランス語で歌う。アルバム『Renee Claude』(1967年)に収録。


posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴かずに死ねるか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179040897

この記事へのトラックバック