2017年07月24日

聴かずに死ねるか(97)Bobby Troup - My Blue Heaven

 昭和3年(1928年)、浅草オペラのボードビリアン二村定一(ふたむら ていいち)が歌ってヒットしたのが『私の青空』。同年、米国で大ヒットした『My Blue Heaven』の洋楽カバーだ。

「Heaven(天国)」を「空」としたのは作詞家の堀内敬三。日米とも家路を歌っているが、幸せいっぱ夢いっぱいのマイホームは日版では「せまいながらも 楽しい我家」、米版では「笑顔と 暖炉と 居心地のよい部屋」、なんだかほのぼのとしていて微笑ましい。

 それにしても、この時代に米国の大ヒットがすぐに日本でヒットするのは驚異的。豪華客船「秩父丸」が北米向け太平洋横断航路(横浜−サンフランシスコ)に就いたのは翌々年の昭和5年(1930年)、往復するのに1か月以上かかった時代だからだ。

 なお、米国で大ヒットを飛ばしたのはGene Austin(ジーン・オースティン)。テンポといい歌い方といい、華やかさを抑えた朴訥としたもの。大ヒットの翌年、まさか世界大恐慌が引き起こるとは思いもしなかったに違いない。

 で、今どきに聴きたいのは、大正7年(1918年)米国生まれのRobert Troup(ボビー・トゥループ)。昭和28年(1953年)に録音した『My Blue Heaven』は、アップテンポで明瞭な歌声が清々しく、家路が楽しくなりそうなのだ。

▲大ヒットから25年後の昭和28年(1953年)、Bobby Troupが歌った『My Blue Heaven』。Bobbyは俳優、ジャズ・ピアニスト、歌手、作曲家。テレビドラマ『Route 66』の主題曲を作曲したことでも知られている。

▲Gene Austin『My Blue Heaven』。レコード発売以降26週チャートイン、2週間あまり1位を持続。500万枚以上を売り上げたそうだ。もちろんゴールドディスクを受賞。テナー・ヴォーカルの元祖だ。

▲日本版『私の青空』。0:00〜二村定一、2:38〜エノケン(榎本健一)、4:55〜石川さゆり。それぞれ時代が異なるが、聴きごたえあり。原曲がいいんだろうな。

▲The Diamonds(ザ・ダイアモンズ)『My Blue Heaven』。南アフリカのビート・グループ。ヴォーカルはMike Shannon(マイク・シャノン)。昭和36年(1961年)発売のアルバム『COOL ROCK』に収録。

▲Norah Jones(ノーラ・ジョーンズ)『My Blue Heaven』。昭和54年(1979年)生まれの「ピアノ弾き語りジャズ歌手&ジャズ・ピアニスト、女優(Wikipedia)」。父親はインドのシタール奏者Ravi Shankar(ラヴィ・シャンカル)。米国在住だ。

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴かずに死ねるか